おすすめ加湿器はどれ?「加湿器の種類と選び方」を完全ガイド!

おすすめ家電情報

冬の大敵と言えば、乾燥。寒い日にエアコンで暖房をする場合はさらに室内の乾燥が進んでしまいます。 乾燥はお肌のトラブルはもちろん、風邪などの健康面、ウイルス等の感染症のリスクも高くなります。この時期は健康と美容の両面で、いかに乾燥を防ぐかが課題となってきますね。

湿度を上げるにはなんといっても加湿器が一番! 

でも、一口に加湿器といっても複数の加湿方式があり、しかも性能や機能も色々。正直どれを選んだらいいのかよくわからないよ……という方も多いはず。そこで今回は!前職家電量販店の店長のQ次郎が失敗しない加湿器選びのポイントを挙げてみました。あなたの使い方にピッタリ合った加湿器が選べます。是非参考にしてみて下さいね!



方式の違いは?

加湿器は、加湿の方式によって主に4つのタイプに分かれる。

①気化式(ヒーターレス)

気化式は、水を含んだフィルターにファンで風を送り、気化させる方式。水に濡らしたタオルを扇風機で乾かした状態が近い。ファンがあるため、広範囲に加湿する事が出来る。

【メリット】ヒーターを使用せず、送風のみなので吹出口が熱くならない。消費電力も少なめ。

【デメリット】急速な加湿には不向き。加湿フィルターの交換や手入れも定期的に必要。

 

②スチーム式

スチーム式は、水をヒーターで加熱し水蒸気に変える方式。加熱中のポットのふたを開けたイメージに近い。

【メリット】水を沸騰させるので衛生的に加湿が出来る。即効性も高い。

【デメリット】吹出口が熱くなる機種もあるので要注意。消費電力も大きめ。

 

③超音波式

超音波式は、水に超音波を当て霧状にして放出する方式。細かい霧吹きといったイメージ。

【メリット】部屋に気軽に置け、消費電力も少なめ。

【デメリット】水を加熱しないので、タンク内の雑菌がそのまま外に放出される為衛生面で気になる。また、①の気化式や②のスチーム式より水の粒が大きい為、床や壁が濡れやすい。

 

④ハイブリッド式

ハイブリッド式は、2つの加湿方式を組み合わせたもの。

・「超音波式×加熱式」はヒーターで加熱した水を超音波で霧状にして放出。

【メリット】水を加熱することで衛生面が向上。

【デメリット】床や壁が濡れやすく、消費電力がやや高くなる傾向がある。

・「気化式&温風気化式」はヒーターで加熱し、加湿力を強めたタイプ。

【メリット】ファンが方式なので、早く広範囲に加湿が可能。

【デメリット】本格的で価格設定が高め。

部屋に応じた加湿量を

部屋に応じた加湿量は加湿器選びには欠かせないポイント。機種によっても大きな差が出るので、購入前に必ずチェック。なお、加湿量は「mL/h」で表示され、室温20℃かつ湿度30%のときに、1時間あたり何ℓの水蒸気を出すかを示した数値。この数値が高くなるにつれ加湿量が多く広い部屋で使える。

寝室などの個室は300~500mL/h

寝室などの個室用なら300mL/h(木造和室5畳/プレハブ洋室8畳)~500mL/h(木造和室8畳/プレハブ洋室14畳)が目安寝室で使う場合静音性の高い機種がオススメ。

リビングなら700mL/h~900mL/h

一般的なリビング用なら、700mL/h(木造和室12畳/プレハブ洋室19畳)~900mL/h(木造和室15畳/プレハブ洋室25畳)が目安。子どもがいるご家庭なら、スチーム式(吹出口が熱くなる)以外を選ぶのがオススメ!

吹き抜けのあるリビングなら1000~1200mL/h

吹き抜けのあるリビングなら、加湿量1000mL/h(木造和室17畳/プレハブ洋室28畳)~1200mL/h(木造和室20畳/プレハブ洋室33畳)のパワフルなモデルが目安。選択肢少なめで複数台併用も。

ちなみに私Q次郎は加湿空気清浄機(通年)と加湿器を併用しています。

利用中の加湿器↓

利用中の加湿空気清浄機

いかがでしたか?是非ご購入の参考にしていただければ幸いです。



コメント

  1. つむちゃん より:

    未優勝選手や誕生日はとても分かりやすいです
    オートレースネタの中におすすめ加湿器‼️
    2台目購入に迷っていてすごく勉強になりました🤗

タイトルとURLをコピーしました